地盤保証・地盤調査・地盤補強工事・沈下修正工事お見積り依頼はこちら

家を建てる前に知らないと後悔する!部分的な地盤補強は大丈夫?

2021.09.13 (月)

どんなに建物の耐震性が高くても、地盤が弱い土地は地盤沈下などの心配があります。家を建てる時は必ず地盤調査をして、必要ならば地盤補強工事を行います。この時、部分的に工事することは可能なのでしょうか。

部分的な地盤補強について

地盤補強工事は地盤を固めたり、セメントと土を混ぜた柱状の補強体をつくったり、または鋼管の杭を地層に打ち込むなど、様々な工法があります。一般住宅の場合、地番調査結果を判断して適切な工事が行われるのが基本です。

1度、建物を建ててしまうとその下の地盤補強を行うのは大変難しく、部分的な補強工事もおすすめできません。莫大な費用が掛かってしまううえに、建物内で基礎の種類がバラバラになってしまいます。

そうなると全体のバランスが悪くなる可能性が高く、耐震性に影響が出てしまうかもしれません。土地と建物は一体であると考えて、地盤調査と地盤補強工事を行う必要があります。

部分的な地盤補強を行いたがる業者に注意!

地盤調査の際に限られた調査ポイントだけ行い、追加の調査もしない業者は要注意です。その場所だけ地盤補強しても建築後、部分的な歪みが生じたり、窓が閉まらなくなったりと不具合が起こる可能性が考えられます。

建物の一部が沈下してしまい、業者とトラブルになったケースも報告されているので、地盤調査や補強工事は必ず信頼できる業者に依頼しましょう。

もし疑問に思うことがあれば、どんどん質問して解決してください。

▼シェアをお願い致します!▼

現在の記事: 家を建てる前に知らないと後悔する!部分的な地盤補強は大丈夫?

お見積り依頼・ご相談はこちら

電話でのご相談

03-6890-3969

フォームからのご相談

お見積り依頼フォーム »

⇑ PAGE TOP