地盤保証・地盤調査・地盤補強工事・沈下修正工事お見積り依頼はこちら

家の被害を防ぐために!地盤の液状化を調べる方法

2021.12.20 (月)

地震などで起こる液状化によって、地盤が強度を失と建物の倒壊を招く危険性があります。家を建てる前にその土地の地盤が液状化するリスクを調べておけば、被害を未然に防ぐことも可能です。今回は液状化の判定方法について紹介します。

液状化の判定方法:ボーリング調査で調べる

ボーリング調査は様々な値で計算することによって、液状化が判定できる方法です。土地の種類や地下水位の高さをはじめ、地盤の強度や締まり具合なども詳細に判定します。宅地の液状化の調査方法、及び計算方法は、「建築基礎構造設計指針(日本建築学会)」の記載に基づいて計算されるのが一般的です。

ほかにも道路や港湾など、建築物の性質に応じた基準が定められています。

液状化の判定計算はN値と呼ばれる地盤の強度と採取した土の土質試験によって、計算する方法が主に採用されています。また、地域の防災計画などの液状化危険度マップにはPL値という値が、よく使われており、PL値とは地盤の液状化の危険度の程度を表す指数です。

ボーリング調査は液状化を正確に判定できるので、もっとも一般的な方法といえるでしょう。ただし、費用と時間がかかるので、最近ではコストを抑えるため、簡易的に液状化判定できる方法もよく行われるようになりました。

液状化の判定方法:コストを抑えて調べる方法とは

ボーリング調査以外でも液状化の判定をできます。液状化のリスクの高い層の土を採取し、粒度試験と地下水位の観測結果に合わせて液状化する可能性を判定します。

そのほか、土質を判別できるスクリュードライバーサウンディング試験という方法も採用されており、地下水位測定を併せて行うことで、短期間のうちに液状化判定が可能です。

家を建てる前に地盤の液状化の被害を考え、調査を検討してみてはいかがでしょうか。

▼シェアをお願い致します!▼

現在の記事: 家の被害を防ぐために!地盤の液状化を調べる方法

お見積り依頼・ご相談はこちら

電話でのご相談

03-6697-0054

フォームからのご相談

お見積り依頼フォーム »

⇑ PAGE TOP