地盤保証・地盤調査・地盤補強工事・沈下修正工事お見積り依頼はこちら

家を買う前の地盤のチェックポイントとは

2020.11.05 (木)

家や土地を購入する時、地盤を気にする方は多いのではないでしょうか。たとえ立地や形がよくても、その土地の地盤が悪ければ、地震や大雨などの自然災害の時に心配です。そこで今回は家を買う前に知っておきたい地盤のチェックポイントを紹介します。

地盤調査報告書とは

新築の建売住宅の購入を検討している場合、売主があらかじめ地盤調査を行なっているので、要望すれば地盤調査報告書を提示してもらうことが可能です。書面の内容は難しいので、売主や仲介業者から説明してもらうことをおすすめします。

ただし、中古住宅や更地を買うとなると注意が必要です。なぜなら、昔の住宅は地盤調査をせずに建ててしまうことも少なくなかったので、調査自体行なわれていない物件の可能性もありえるからです。

また、売主が新築当時の地盤調査報告書を紛失してしまっていることも考えられます。更地の場合も同様で、土地の売主が販売前に地盤調査していないことも多く、へたをすれば買主が地盤調査を依頼することになるかもしれません。

自分の欲しい土地のほかに、いくつか販売区画があるのであれば、近隣の地盤調査報告書を閲覧させてもらえないか聞いてみましょう。この場合、地盤は区画によって異なるということを理解しておいてください。

隣の地盤は問題なくても、自分が購入した土地に問題がある可能性も出てくるので、近隣の地盤データはあくまでも参考程度に考えておきましょう。

地盤のチェックポイント

地盤調査報告書がない場合、自分でチェックできるポイントを紹介します。ただし、確実な判断ができる訳ではないので、後から専門家に地盤調査してもらってください。

・近くに川や池、田んぼがある土地は過去に水害に合っている確立が高く、こうした低地はあまりおすすめできません。

・埋立地は地盤沈下による建物の傾きが心配です。つい先日の北海道の大地震でも、住宅地一帯が液状化現象で注目を浴びました。

・中古住宅の購入の際は、外壁や内壁、基礎のひび割れ等、軟弱地盤と関係がありそうな症状が出ていないか調べてみてください。

 

地盤データの調べ方

地盤調査報告書のない物件を購入する場合、お住まいの自治体や地盤調査会社から、近隣の地盤のデータを見せてもらうことが可能です。また、インターネットで検索すると、民間の地盤調査会社が公開しているデータを閲覧できます。

会社によっては、役所のデータを確認できるところもあるので、利用してみるのもよいでしょう。

地盤がしっかりしていないと、いざという時の自然災害対策が困難になります。ぜひ、しっかりとした地盤の上に家を建て、快適なライフスタイルを送ってください。

エシカル地盤コンサルタント
中低層専門地盤保証 アースジオ

株式会社リガーレ
東京都港区港南2-16-1品川イーストワンタワー4F
TEL:03-6890-3969 FAX:03-6890-8301
Mail: support@ligare-earth.com
Hp: https://kensetsu-jiban.co.jp/
Facebook: https://www.facebook.com/ligare.earth
Instagram: https://www.instagram.com/ligare_earth/?hl=ja
Twitter: https://twitter.com/HEQfvdpGV1EKRwU
Eight: https://8card.net/c/2817547/account
note: https://note.com/ligare

東京都建築士事務所協会 賛助会員
東京構造設計事務所協会 賛助会員
木材活用地盤対策研究会 賛助会員

▼シェアをお願い致します!▼

現在の記事: 家を買う前の地盤のチェックポイントとは

お見積り依頼・ご相談はこちら

電話でのご相談

03-6890-3969

フォームからのご相談

お見積り依頼フォーム »

⇑ PAGE TOP